修理部品の保管で気を使うこと

修理部品の中で最も保管管理が厳しいものはバッテリーです。
iPhoneは各機種ごとにすべて異なる形状のバッテリーが搭載されますので、種類も豊富。
さて、今日はそのバッテリーチェックの日です。
まず、山ほどある在庫バッテリーの電圧をチェックして、
・過放電状態にはなっていないか?
・異常に自己放電の進んでいないか?
・補充電は必要ないか?
とチェックするわけです。
これは面倒でもやっておきませんと、いざお客様のiPhoneでバッテリー交換したときに
正しく動作しなくなります。
また、修理直後に動作しても使用中に劣化が速くなってしまう、ということにもなりかねません。

さて、今回のチェックでも当店在庫のバッテリーには過放電の不具合はありませんでした。
管理電圧の下限に近い物はいくつか補充電しましたが、満タンまでは決して充電しないこと。
これがバッテリー管理の勘所、ですね。

皆様、iPhoneのバッテリー交換はぜひ当店で。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年7月22日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : ハードちゃん