事例: iPhone 5S 水没修理(部品交換無し)

電匠工房です

電匠工房では、iPhoneの様々な修理や、買取を行っています。

水滴跡今回は 数ある修理から、部品交換無しで水没した iPhone 5Sの 修理についてご紹介します。

お客様から iPhone 5S を水没させてしまったとお電話を頂きました。
水没させてしまったのは昨夜、落とした際、すぐに電源を切ったとのことでした。

さっそくご来店頂き、水没対応させて頂きました。

画面を外して内部を確認させて頂くと、案の定、バッテリーの脇などあちらこちらに水滴がありました(写真)。

そこで、まず見える範囲の水滴をペーパーでさっと拭き取り、その後、iPhone を分解して部品の間にある水滴を拭き取りました。液晶背面水滴下の写真は画面の裏側、金属製パネルを外した写真です。水で濡れているのがおわかり頂けると思います。

プロセッサーボードに関しては、ボード上には細かな隙間や、小さな部品が実装されているため、水滴が内部にたまっている可能性があります。そこで、揮発性のある専用洗浄液を用いて加振置換を行い、その後、残っている洗浄液を乾燥機にて常温乾燥させました。

プロセッサーボード、部品を含めて乾燥機で十分に乾燥させた後、液晶やバッテリーを仮組しました。なお、バッテリーの電圧は、取り外した際、マルチメータで測定したところ、3.7Vがあったためそのまま使用しました。
電源を入れて動作させると、動作しない部品はなく、そのまま正常に動作しました。

この時点でお客様にご連絡、水没しているためバッテリー交換をお勧めしましたが、様子を見てご利用されるとのことでしたので、バッテリー交換はせず、本組みを行い、最終動作確認をしてお渡し致しました。

無事復旧した iPhoneをご覧になられて、お客様にもお喜び頂けました。

今回水没にもかかわらず、部品交換なしで無事 iPhoneが動作した理由としては、

・水没の際、すぐに電源を切って頂けたこと
・水没修理を早いタイミングでご依頼頂けたこと

があげられるかと思います。

ご利用、誠にありがとうございました。


iPhone 内部に水滴などがあると、ショート等により部品を壊したり、時間経過とともに金属端子や部品等の腐食が進み、復旧できる可能性が低くなります。
水没してしまった場合は、電源を切った上で(※)、できるだけ早く水没修理に出されることをおすすめ致します。

※補足
電源を切った場合でも、iPhone 内部では、微弱な電流が流れており、完全に電源を切ることはできません

iPhone 修理、高価買取の八王子 電匠工房

 

このエントリーをはてなブックマークに追加