事例:ホームボタンが効かない:膨らんでしまったバッテリー

電匠工房です。

電匠工房ではiPhoneの様々な修理やiPhoneの買取を行っています。
今回は、修理をさせて頂いている中から、「膨らんだバッテリーの交換」事例をバッテリ膨張外見ご紹介させて頂きます。

iPhone 5Cを使用されているお客様からお電話にて「急にホームボタンが効かなくなった」とご連絡を頂きました。
ホームボタンが効かなくなる原因として考えられるのは、ボタン部分の部品故障や、ボタン接点の接触不良などが考えられます。それら考えられる原因をご説明した上で、ご来店頂き、iPhoneを見せて頂くことに致しました。

早速、ボタンが効かなくなった iPhone 5C  を拝見させ頂くため、つけていたケースを外すと、明らかに画面が反るように浮いていました(右上写真青枠)。これはもしかしてバッテリーが膨張しているのでは?
バッテリ膨らみ画面を外してみると、案の定バッテリーが膨らんでいました(右中写真)。この膨らんだバッテリーによって、画面が押されて外に反り返り、その影響で液晶側にあるホームボタンの接点が離れ(右下写真 黄枠)、結果ホームボタンが効かない状態になっていました。

そこで、弊社所有の正常なバッテリーと交換、仮組をした上で、ホーホームボタン接点ムボタンを押してみると、予想通りホームボタンが正常に動作いたしました。再度分解して画面が浮いていた隙間等から埃などが本体内に入っていないことを確認した上で、簡単に清掃、新しいバッテリーに交換いたしました。そして、本組みをした上で再度動作を確認し、修理が完了いたしました。

バッテリーが膨張した要因を確認するため、お客様に充電方法などをお聞きしたところ、バッテリーの残量にかかわらず、毎日帰宅したら必ず充電されていたとのこと。おそらく、そのことが原因でバッテリーが痛んだものと思われます。と申しますのは、バッテリーが満充電状態であっても、充電器を接続すると最初に一定の充電電流が流れてしまうからです。これが繰り返されますと、やがてバッテリーは一時的にでも過充電状態となってしまいます。このようなことから内部からガスが発生、膨張したのではないかと推測されます。

お客様には、バッテリーの充電を行うときには残量が半分以下、できれば30%程度になってから充電されるのがよろしいでしょうとお伝えさせて頂きました。

その他、普段、あまり意識しないのですが、バッテリー充電時には周囲が異常に暑かったり寒い状態を避ける必要があります。このことはバッテリーの周囲であって、電子機器の周囲ではないということも知っておく必要があります。例えば、真夏の窓辺に置かれた電子機器の内部は、エアコンの効いた室内でも意外と高温になっているものです。もし、iPhoneの背面など少し暖かいと感じた時には内部の温度が上がっている可能性がありますので、使用しないアプリを終了し、画面を消した状態でしばらく置き、iPhoneが冷えたら充電をするのがよいと思います。

バッテリーを過充電にしない事と(満充電状態で充電をしない)、バッテリー周囲の最適な温度は16℃~22℃であることをいつも意識していることが、バッテリーの稼働期間を延ばす秘訣です。

電匠工房をお選びいただき、誠にありがとうございました。


膨張したバッテリーをそのまま利用するのは大変危険です。
バッテリーが膨張した際、「必ずしも液晶が反り返る」わけではありませんが、定期的にiPhoneをケースから外し、画面が沿っていないか確認されること、また万一画面に反りがあった場合には早急に修理されることをお勧めいたします。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加