事例:iPhone 5s 画面修理とフレームの調整

5s割れ画面電匠工房にて修理させて頂いたiPhone 5sの「画面交換」事例をご紹介させて頂きます。

今回修理させて頂いたのは「iPhone 5s」。
画面のヒビだけでなく、割れたガラスの一部が落ち、内部が見える状態になっていました。加えて、落下の衝撃でフレームが曲がっていました。このため、サイド開口部のあるサイレントスイッチ部分に応力集中がかかり、大きな隙間が生じていました(右下写真)。拡大

早速、画面を外して、本体内を確認しました。
フレーム自体とサイレントスイッチ部分に「曲がり」があるものの、目視による確認では他に影響は出ていない様子でした。
そこで、内部に入っていたガラス破片等を取り除き、画面を交換、仮組した上で動作させ、問題が無いことを確認しました。

その後、もう一度画面を外して、フレームの曲がりの調整を実施。
筐体や内部の部品に影響が出ないよう留意しながら、曲がりを修正いたしました。
そして、サイレントスイッチを上下に動かし、「こすれ」や「引っかかり」が無いことを確認しました。
なお、フレームの曲がりについては、完全に元通りとまではいきませんが、使用していて違和感がない、影響がない程度に修復致しました。

最後に、本組みを行った上で、再び動作確認し、修理が終了いたしましました(下写真)。

5s割れ修理後

 

今回のように、画面が大きく割れてしまった場合でも、修理することができます。是非ご相談下さい。

なお、画面が割れたまま使用いたしますと、ガラスの破片などによる「怪我の原因」や、iPhone内部に異物や水が入る等、「故障の原因」になりますので、速やな修理をおすすめいたします。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加