事例:iPhone5c 画面割れの修理

液晶割れ5C電匠工房にて修理させて頂いた「画面交換」の事例を
ご紹介させて頂きます。

今回修理させて頂いたのは「iPhone 5c」。
画面が割れて表示されない状態でした。
なお、修理は何度が行われたことがあるとのことでした。受け金具取れ

 

早速、中をあけて、iPhoneを拝見させて頂くと、
本来は画面を止めている「金具」が2つあるのですが、1つなくなっていました(右写真赤枠部分)。

本体内を探してみると、写真では少しわかりづらいのですが、ライトニングコネクタの脇(写真赤枠)にとれた金具が落ちていました。

受け金具取れ-2

金具が落ちていた場所が、この場所であったため、事なきを得ましたが、落ちている場所が悪いと、ショートなどの原因により、本体を壊してしまう可能性がありました。

 

 

次に液晶を外し、液晶背面を見ると、液晶部分からにじみが・・・。
液晶漏れ推測ですが、画面が割れた時に、液晶内の液体が漏れてにじみになったのではないかと思います。ちなみに、この状態の液晶では画面はつきません。

 

他に大きな故障はなく、液晶交換の上、動作確認をさせて頂き、修理が終わりました。

 

汚れ-1なお、iPhone内部に汚れている部分があったため清掃と、
普通ネジが緩むことはないのですが、数本ネジに緩みがありましたので、締め増しをさせて頂きました。

 

 

画面が割れた場合、
「割れたガラスの破片」で怪我をしたり、
「とれた部品によるショートにより、本体を壊してしまう」可能性
があります。
万一画面が壊れてしまった場合には、早急に修理されることをおすすめいたします。

 


 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加