iPhoneは熱に強い?

iPhoneの意外な弱点に「熱」があります。

熱対策も万全のiPhoneですので、もちろんそう簡単には壊れません。

綺麗なデザインのiPhone、中は小さな小さなネジが沢山使われています

目に見える部分や表面積が大きい箇所には、接着剤が使われている場合が多いのです。

iPhoneにもこの接着剤を使っている部分が結構ありまして、液晶画面部分にも使われています。

通常、非常に頑丈な接着状態で少々のことではビクともしないのですが、

「熱」は天敵のようです。

特に、iPhoneの液晶画面はこの接着が解けると液晶とガラス面周辺がはがれてくるので、

iPhoneの液晶画面が浮いてきます。横から見ると隙間が開いている状態になります。

こんな状態でも使用はできますので、とりあえず様子見をしながら使うケースもあるかと思いますが、

この隙間からホコリや水分が入ると思わぬトラブルにつながるので注意しながら使用してください。

その他、バッテリー劣化による膨らみで液晶画面が盛り上がってくるケースもございますので

その場合は早急な対応が必要となります。

この寒い時期ですと、ズボンのポケットやコートのポケットにiPhoneを入れたまま

コタツや暖房器具の傍で熱にさらされる事が多々ありますので

注意してください。

それから、意外な曲者がホッカイロです。iPhoneとホッカイロを長時間一緒にすると

あっという間に故障してしまう場合があります。

異常な高温を察知するとiPhone液晶画面に警告表示がでたり、一時的にシャットダウンして

熱を逃がそうとするのですが、ポケットなどに入れておくとこのサインを見逃しがちになります。

 

八王子にあるiPhone修理買取の電匠工房では、調子の悪い原因を色々お聞きしながら特定し、

的確に修理しますので、お気軽にご相談ください。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加